ブルーハーツカテゴリ記事一覧

THE BLUE HEARTSブルーハーツ

THE BLUE HEARTS 人にやさしく



THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)
プロフィール

メンバー
甲本ヒロト (ボーカル)
真島昌利 (ギター)
河口純之助 (ベース)
梶原徹也 (ドラム)

1980年代後半から1990年代前半にかけて活動し、1995年に解散。

1985年結成。1987年にシングル「リンダリンダ」でメジャーデビュー。

解散後も、その楽曲は近年でもCMやドラマや映画などに多く使われている。

ザ・ブルーハーツの詩は、NHK「人間講座」の「言葉の力・詩の力」中でも、その文学性が高く評価されている。

1985年2月に真島、甲本の二人を中心として「THE BLUE HEARTS」を結成。

同年4月にTHE BLUE HEARTSの初ライブを行うことになった(この時点では、河口はベースとしてバンドに参加しなかった)。

同年の夏に、彼らのマネージャーとしてバンドに関わっていた河口純之助が

前メンバーの替わりにベースとして参加し、

翌年の4月ごろに梶原徹也が甲本に加入を懇願し、ドラムとして参加した。


解散当時に発売された音楽誌『バンドやろうぜ』の編集局コラムによると、

「河口が新興宗教(幸福の科学)に没頭し、スタッフやファンを勧誘したことに甲本と真島が怒ったために解散に至った」とされている。

しかし、甲本がのちに音楽誌に語った内容では

「バンドを続けるにはある程度の演奏技術が必要。それがあのメンバーでは出せないから解散した」となっている。


♪ウィキペディア(Wikipedia)フリー百科事典引用


「頑張る」という言葉自体を否定する人もいる。


確かに、その意味も分かる。


でも


やっぱり、頑張るしかないときもある。


つらいとき。


どうしようもないとき。


肩をたたいてもらって、頑張れ!と


声をかけてもらいたい時もある。


やせがまんも、たまには、必要な時がある。


意地をはることは、長くは続かないけど、


意地をはらないといけない時もある。


綺麗事ばかりじゃないから。











人にやさしく/ハンマー / ブルーハーツ

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。